お子さんのいじめに気付いてますか?探偵さん活用の強みを公開します

探偵に子どものいじめ調査をしてもらう方法

いじめ問題を探偵が扱うことについて

探偵の種類

探偵業は業務内容や対象顧客によって大きく4つに分類できます。
特定の法人を顧客とする一部業者。
企業の信用関係調査が主の業務です。
他業種との連携を行う際、その取引業者の信頼性をチェックしたい場合に活用します。
次に、一部業者に加えて、同様法人等を顧客とする二部業者。
主な業務内容は人事関係調査になります。
従業員の素行や人間性チェック、さらには産業スパイなどの可能性を調査したい場合に活用します。
そして、個人や法人を対象に調査を行う三部業者。
イメージしやすい探偵業で、いじめ調査もこの業者が該当します。
この業者ですと、全国でチェーン展開をし、インターネットで広告している業者も近年増加しています。
素行や信用調査、家出人捜索が業務内容となります。
最後に保険関係の調査を行う四部業者。
調査対象者の財産状況、過去の病歴などを調査し、保険契約を結べる人物判断などが業務内容になります。

調査の種類

探偵さんが行う調査も大きく9つ程度の分類できますが、ここでは主に三部業者の調査内容について説明します。
まず、浮気や素行調査ですが、こちらは尾行や張り込みといった方法で、現場を押さえ、必要に応じて証拠映像などを記録します。
次に、盗聴盗撮発見調査ですが、こちらは自宅やオフィスでの盗聴盗撮機器の発見を行います。
探偵業者の技術力や熟練度が非常に要求されます。
そして、ストーカー実態調査と対策提案というものがあります。
ストーカー行為(付き纏いや嫌がらせ)の被害実態を調べ、ストーカー行為を止めさせるアドバイスなどを行います。
その他にも近隣住民トラブルや、日常の人間関係トラブルなども調査したりします。
調査内容に沿った対策のアドバイスも行います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る