お子さんのいじめに気付いてますか?探偵さん活用の強みを公開します

探偵に子どものいじめ調査をしてもらう方法

どんな方法で調べていますか?

尾行や張り込み

いじめ調査の方法は、 他の調査方法と同様に尾行や張り込みが基本手段です。
登校時や下校時にいじめの実態がないか、学外の交友関係上においていじめを受けていないかを行っています。
ご両親にはなかなか目が行き届きにくい環境調査を行うのが基本です。
尾行調査を行う際、特定場所の往来やいじめ現場を特定できる場合には、証拠取りのために隠しカメラを使った動画撮影やお子さんのランドセルや学生カバンに小型の録音機をつけてもらうようなこともあります。
また、センシティブな面があり依頼者の同意事項にはなりますが、いじめの実態の詳細や早期解決の糸口を見つけるために、状況や場合のよっては本人や交友関係者への聞き取り調査を取り入れることもあります。

SNS

最近はSNSを使う人が増え、大人だけでなく子どもたちにとっても身近なものになってきています。
子ども同士の嫌がらせや悪口は現実世界よりもむしろSNS等の環境のほうが、むしろ悪質なケースが多々見受けられます。
既に生活の必需品となっているSNSでの気軽なやり取りのよってこれらのデータは拡散され、下手をすると一生残る危険性もはらんでいます。
インターネットを利用したいじめ行為は、その判別が難しく、また書き込みの特定もなかなか困難なのが現実です。
そのため、従来のいじめ調査とは違った調査方法と、時間が必要です。
それゆえ、探偵さんは必要に応じて、お子さんのインターネット環境や機種、利用しているSNS、お子さんの学校独自運営のSNSの有無やフィルタリングなど事前対策などを確認しその実態調査を行うことがあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る